一般歯科治療

一般歯科は、むし歯の治療をはじめ、歯周病の予防や歯槽膿漏の治療、歯の欠損部を補う治療などを行います。当院では患者さんの歯の健康状態や治療方針を、患者さんに丁寧にカウンセリングし、十分理解していただいた上で治療する事を心がけています。外科用の器具(電動麻酔器など)も当院が最良と考えるものを用意して、痛みの少ない、間違いのない治療を徹底しています。

むし歯はどのように進行するのか?

むし歯の症状は「C1」~「C4」に分類されます。
「C」は「caries(カリエス)」の頭文字で、英語でむし歯という意味です。

  • C1

    歯の表面のエナメル質が溶けてきます。痛みは有りませんが、黒っぽく変色してきます。

  • C2

    歯の内側の象牙質まで進行し、穴が開いている状態です。冷たいものなどで歯がしみることがあります。

  • C3
    むし歯の穴が拡大し、歯髄(神経)まで進行した状態です。場合によっては激しく痛みます。
  • C4

    歯が溶け根元部分だけ残った状態です。このまま放置すると歯周病になる危険性もあります。

日本人に多い病気、歯周病とは?

日本の成人10人のうち、8人がかかっているといわれている歯周病。歯肉に炎症が起き、出血・膿がでたり、口臭がひどくなる等の症状の末、歯が抜け落ちてしまうという病気です。

歯周病の進行

ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌が歯垢を作り出します。歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。その中や周りにさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けます。この状態はブラッシングなどで取り除くことはできません。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC

PMTCは、毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを、歯医者さんで専用機器を用いて綺麗にクリーニングすることです。毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。

各治療のご案内 診療スケジュール 歯科衛生士募集 診療時間について 歯科タウンオンライン診療予約